輸送の安全性の向上と事故防止に努めます

安全運行

運輸安全マネージメントの取組み

弊社では、安全第一をモットーとして、運輸安全マネジメントの導入およびGマークの取得により、絶えず輸送の安全性の向上と事故防止に努めてまいります。

 また、さらなる安全輸送を実現するために、ドライブレコーダー(運転席からの視界動画録画機能)を取り付けております。

  • わが社の事故防止のための安全方針
  1. 輸送の安全は最大の顧客満足と位置づけ第一優先に安全意識の向上に努めます。
  • 社内への周知方法
  1. 社内の点呼場所に掲示します
  • 安全方針に基づく目標
  1. 飲酒運転の撲滅
  2. 交通違反と交通事故の完全撲滅とそのための具体的対策
  • 目標達成のための計画
  1. 点呼時の健康状態の確認とアルコールチェッカーでの100%チェック
  2. 365日無事故・無違反運動の実施。無事故・無違反達成日数の告知
  3. ドライブレコーダーの結果を参考に毎回ひとりひとりに細かい指導
  • わが社における安全に関する情報交換方法
  1. ヒヤリ・ハットの体験を書面にしファイルを作り他の乗務員にも共有化します。それにより事前に危険な場所を知ることができ、事故の抑制につながります。

運輸安全マネージメントの取組み

GPS付きデジタルタコグラフ

平成24年1月に今まで使用していた矢崎製のデジタルタコグラフから一新してNPシステムのGPS付きデジタルタコグラフに全車付け替えました。これによりトラックの現在地がリアルタイムに確認できますので、荷物が今何処にあるか?冷凍車に於きましては温度管理とお客様のご要望にお答えします。

 導入後、労務管理や、ドライバーへの運行評価を細かく行い、安全な輸送を心がけています。

 一般道 法定速度まで

 高速道路 最高80キロまで

 常に、安全運転で環境にも配慮しております。

ドライブレコーダー

ドライブレコーダー 全車に、ドライブレコーダーを取り付け、ドライバーの安全教育に活用しています。

ミーティング

ミーティング 毎月4回に分けて、社内ミーティングを行い社員教育を徹底しております。
また、外部講師もお呼びして社員の意識の向上に努めております。

最新記事