船井総研先進物流企業視察セミナー

4月11日12日の2日間で、石川県の企業を4社視察してきました。

1日目は、会宝産業様を視察しました。

この会社は新しいものを作る動脈産業の逆で、いらなくなったものを再生する静脈産業に属す車のリサイクル業を営まれており、会社名も社員が宝に会える会社にしようと会宝産業と名付けられたそうです。
常に業界の舳先になるために、新しいことに取り組み、国際規格(ISO)に向けた中古エンジン性能評価規格PAS777の発行をされたり、海外展開もされています。そのために社員教育も徹底されており、嬉しい事は嬉しいと言える人づくり!女性や子供が安してこれる会社つくり!そして挨拶日本一、綺麗な工場日本一、自立と強調の出来る人づくり等々、人づくりの大切さを教えていただきました。

20170411_163128

↑ これは自立と協調のモニュメントです!

2日目の1件目は、最初に同業の鷺富運送様を視察しました。
主に食品輸送(常温・チルド・冷凍)で北陸トップクラスの運送会社です。
しかし、6年前までは、その内容は厳しい現状だったようで、それを改善するために、売り上げの半分程度の10億円の仕事から撤退し、新たに13億円分の仕事を取り込まれるすざましい見直しをされたそうです。一言では「業務」と「社員」を大幅入れ替え。収支の徹底管理により無駄を省き立て直されたそうです。

軽油単価が不安定な現状の中、個別の収支管理は大切です。弊社に於いても早急に改善しなければならない点が多くありますので早速取り組んでいきます。

20170412_114717 FB_IMG_1492034823318

2日目の2件目は、弊社も取引のあるボディメーカーのトランテックス様を視察しました。

こちらの工場では安全な作業を行うために徹底管理をされておられました。

事故、怪我、不良等、発生すれば工程が遅れロスが出ます。運送業に於いてもこれらは、最大のマイナスになります。社内でも生かしていきたいと思いました。

17814465_1306373242750168_6369366801802058104_o

FB_IMG_1492034627748

2日目の3件目は、ビーイングホールディングス様を視察しました。

こちらの喜多社長はほぼ私と同い年?ちなみに私専務は52歳です!が去年30周年を迎えられ、創業者にして現在、社員2100名、年商150億円!いったい私は今まで何をやってたんだろうと反省しました。

運ばない物流の構築から、見えない物流の見える化。時代に沿って変えていくべきは変え、そして会社の理念だけは変えない!Beingとは存在し続ける!そんな会社づくりを目指す!素晴らしい会社です!

センター内では社員みんなの中から出てきたアイデアをもとに沢山のマテハン機器も見させていただきました。

11200761_1215335715256006_8170196613989249965_n 17799110_1407397966002018_6030510775626704506_n 20170412_155132 20170412_160539 FB_IMG_1492034779443

こうして沢山の刺激を受け2日間の研修を終えました。

良いことは、どんどん取り入れ、悪い事は早急に変えていく!これからも頑張って社員の誇れる会社を目指します!